ひだまりブログ

「添い乳」はダメ?

助産院に相談にくる母親から

「添い乳はダメだとネットに書かれていました。添い乳はしない方がいいのですか?」

・・・という質問が結構あります。

理由は様々に書かれているようですね。

● おっぱいにとって良くないとか。。。。

● 添い乳しないと寝なくなるとか。。。。

● 母が寝落ちして赤ちゃんを圧迫する危険があるとか。。。。

● 虫歯になるとか。。。。

確かに「添い乳ダメ」というにあたり、最もらしい理由ではありますね。

まあね、でもね。

そもそも、添い乳がダメと言われて気にする母親は、添い乳がしたいと思っている人でしょう。

添い乳したいので、してもいいのか?という確認をしたくて聞いてくるのだと思います。

私の持論ではありますが、

結論から言って、添い乳は全然OKです。



だって、私たち人間は哺乳類です。

哺乳類というのは、赤ちゃんを抱っこしながらお乳を飲ませて育児をする動物です。

猫や犬も添い乳で授乳をしています。

人間は「四つ足動物ではない、だから動物と一緒にするな!」

・・・・・とお叱りを受けるかも知れませんが、哺乳類としては同じ仲間。

お乳を飲ませるスタイルに、添い乳があるのは自然な事です。

私が母乳育児をしていた時には、添い乳がダメだという話は聞いたことがありませんでした。

そして、私が助産師として勤務していた時は

母親に夜間の授乳が楽になるからと言って、添い乳の授乳法をお伝えしていました。

病院の安全管理で添い乳をしてはいけないという所もあるみたいですが、

統一した見解というのは、今現在ない状態です。

添い乳のメリットとしては、やはり母親の体を横にして休みながら授乳できる点ですよね。

そして、赤ちゃんも母親に包まれながら大好きなオッパイを飲んでそのまま寝れるのは安心だと思います。

育児法に「こうした方がいい」「これはダメ」というのは沢山あります。

でも、ほとんどは大人目線、専門家の見解ばかりです。

赤ちゃん目線ではどうなのか?という視点がないと私は思っています。

赤ちゃんが安心して、心地がいいという、一番大切な視点が抜けています。

育児については、赤ちゃんの気持ちで考えてみると

今まで言われていたことが全然違うということを感じると思います。

添い乳のデメリットですが、本当にそのようなデメリットがあるかも知れません。

でもそれは、言っている人の体験談だったり、個人的な見解に過ぎない物もあります。

一意見として「なるほどね」「そういう人もいるのね」くらいに留めていでしょう。

私たちは、たくさんの情報があります。

そして、選択の自由があります。

育児においても、他の誰かが言ったことに、自分が絶対に従わないといけないことはありません。

自分が採用しやすくて、育児が楽になる方法をチョイスしてみてください。

母親と赤ちゃんが心地よく添い乳していることに関して

他の誰かが「ダメ!」という権利はないのです。

楽しい授乳をして下さいね。

ひだまり助産院は、そんな母親を全力でサポートしております。

それでは、また(^_-)-☆