ひだまりブログ

赤ちゃんは分かっている!

赤ちゃんはあまり分かっていないと思っていませんか?

実は違うんですよ。

赤ちゃんは天才だと私は思っています。

ほとんどの大人は、赤ちゃんは何も考えていなくて、何も感じていないと思っているのではないでしょうか。

確かに、生まれた赤ちゃんは感情を表さないですよね。

だからと言って、何も考えたり感じたりしていないとは言えません。

最近では胎内記憶や誕生後の記憶があるというのが分かってきて、

本にもなっています。

実は私、こういう神秘的な話が大好きです。

22歳になる我が子が3歳の時に、お腹の中に入ってきたときの事を話してくれました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お腹の中に入る前には、雲の上にいました。

雲の上から地上が見えて、道路や車や歩く人などが小さく見えました。

雲で出来たコット(赤ちゃんが寝るベッド)に100人くらいの赤ちゃんが寝ていて、

100人くらいの母乳を飲ませてくれる女の人がいました。

そして、ひげを生やして杖を付いた神様に「お母さんのお腹の中に行きなさい!」と言って、

杖で地上を指し示したら、流れ星みたいに流れてお腹の中に入ってきた。

お腹の中では、体操座りをしていたよ・・・・・と。

更に、生まれた病院の事も、覚えていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

私から聞き出したわけでなく、自分から話してきたのですが、今ではすっかり忘れていますσ(^_^;)

赤ちゃんはかなりの記憶を持っています。

お腹の中に来る前の世界の事、お腹の中で過ごした事、生まれた時の事など・・・

口と舌が動かなくて話せないので、伝えられないだけなのです。

ある人の話です。

赤ちゃんだったころ、親戚が集まって話し合いをしていた。

なかなか解決策が見つからなくて揉めていた。

しかし、赤ちゃんの自分には、話の内容が理解できて、解決策も分かっていた。

ただ、話せないから伝えられなくて、もどかしかった。

こんな話を聞くと、赤ちゃんを邪険に扱えませんね。

誕生後の記憶を持っている子供のインタビューでは、面白い記憶が

たくさん出てきています。

    ●初めて飲んだリンゴの果汁が美味しくて感動した!

    ●ベビーカーでつり橋を渡った時は怖かった!

    ●生まれた時、お父さんが緊張していて水を飲んでいた!

    ●クルクル回るメリーが不思議だった!    ・・・・などなど

また、赤ちゃんは大人の表情を読んで、感情を理解できているというのも分かってきています。

大人の話すことや内容も分かっている。

赤ちゃんが泣いているときに、

「サル猿みたいな顔で泣いている!(笑)」なんて言っていたら

ちゃんと聞いていますからね ヾ(▼ヘ▼;)

・・・赤ちゃんを目の前にして、悪口は言わないようにしましょう 注意

赤ちゃんの前で夫婦喧嘩をしたら、赤ちゃんの表情は変わらなくても

心拍数が増加して、赤ちゃんにもストレスがかかっている

・・・というのが実験で明らかになっています。

赤ちゃんは知的な存在なのです。

赤ちゃんも小さな子供も、大人には見えない天使や妖精が見えている・・・らしいです。

五感がまだ未熟なところがあるので、第六感が鋭いのでしょう。

大人の心もお見通しかも知れません。

赤ちゃんといえども、一人の人間です。

きちんと尊重して育てていきましょうね (o´・∀・`o)ニコッ♪

最後までお読みいただきありがとうございました。