ひだまりブログ

赤ちゃんは全身にアンテナがあり

私が一人目の育児をしてた時に

初めて知ってビックリしたことがあります。

「赤ちゃんは全身にアンテナが張り巡らされている!」

・・・・という事です。

どんなアンテナがというと「お母さんアンテナ」です。

「お母さんアンテナ」が受信している事が良く分かるのが

ハイハイしだした頃です。

赤ちゃんがハイハイするようになるのは、

個人差はありますが、だいたい6か月以降ですね。

私は赤ちゃんが自力で動けるようになったら

グズリ泣きがグッと減ったので、育児がとても楽になりました。

一人遊びも出来るようになって多少手が離れてくれました。

・・・そこで、子供がおもちゃで遊んでいるな~と思って

トイレトイレに行ったりしますよね。

子供はその瞬間に、母親の気配が消えたのを察知します。

途端に大泣きえーん!! 

そして後追い!!

ハイハイしながら大泣きえーんで、親のいる方に向かってきます。

この「お母さんアンテナ」の感度の凄さに感心します。

ハイハイが出来るようになると後追いが始まりますよね。

※これも個人差はありますが・・・

この後追いというのが、私的には

「卵からかえったヒヨコヒヨコ」を連想してしまいます。

ヒヨコヒヨコというのは卵から出てきて

初めて見た動くものを「母親」と認識して、後をついて回ります。

「刷り込み」という現象です。

きっとヒヨコヒヨコも全身にアンテナを張って

母親の動きを感じているのでしょう。

赤ちゃんもヒヨコヒヨコみたいだいな~と思います。

生まれてすぐは、赤ちゃんは動けません。

でもハイハイ出来るようになると、それまでにしっかり刷り込みされているので、

母親の後を追いかけるのではないかな~と思っています。

まるでヒヨコヒヨコです。

可愛いですね~ドキドキ

後追いが激しい時には、トイレトイレの戸を開けっ放しドアにしないと

大泣きして大変です。

あの当時、

「トイレトイレ位はゆっくりしたい汗

・・・・ささやかな願いがありました。

後追いが終わると、アンテナの感度が下がって

母親がいなくても大泣きすることは無くなりますね。

短い間の「お母さんアンテナ」でした。

我が家は子供が4人いるので、静かな環境を求めて

トイレトイレの中で本を読んだりもしました。

懐かしい思い出です。

※遠い目・・・

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また( ^^) _U~~