ひだまりブログ

ギャン泣き赤ちゃん 疳の虫切りに行ってきました。

育児をしていて、一番大変なのは

「赤ちゃんが泣き止まない」ことですよね。

オッパイやミルクを飲ませたり

抱いてあやしたりして泣き止むのなら良いのですが・・・・

何をやっても泣き止まない!!!

・・・・となると、母親は困ってしまいます (>_<)


私の助産院でも泣き止まなくて困っている母親の相談を沢山受けます。

私が伝えられるのは、赤ちゃんの

「サインの読み取り方」「あやし方」「寝かせ方」のコツ

たいていはこれらを伝えると、何とか泣きやませることができます。

しかし、何をやっても泣き止まない赤ちゃんもいることは確か。

目の前にいる母親はとっても困っています。

そんな時に、私は赤ちゃんの「疳の虫」についてお話しします。


「疳の虫」というのは赤ちゃんが自分の感情をどうして良いのか分からなくて

赤ちゃん自身、泣き続けるしかない状況に陥っていることです。

大人にだって疳の虫はいるそうです。

この度、赤ちゃんの泣きに困っていた母親がいたのでお話ししたら

ぜひやってみたいということで、「疳の虫切」行ってきました。

北海道南幌町にある栄明寺の住職である榎本煌瑛さん

多くの赤ちゃんの疳の虫をきっている方です。

赤ちゃんに会ったら、ジッと赤ちゃんを見つめて何かを読み取ります。

赤ちゃんの気質や体調なんかも分かって教えてくれます。

母親の家族関係で問題がある場合も、その事についてのアドバイスもしてくれます。

今回行った赤ちゃんは、疳の虫はそれ程強くないということで、虫切はしなくても大丈夫でした。

一緒に行った夫婦のお悩み相談をして頂き、とても気持ちが楽になったそうです。

今回は赤ちゃんが、泣きを通して両親をお寺に連れて行き、悩みをするためだったのかも知れません。

大きな悩みを抱えていたので、結果良かったです。


赤ちゃんの泣きにお困りの方・・・

赤ちゃんの「疳の虫切」をすると楽になるかも知れません。

私の長男も泣きが酷くて大変でした。

そんな時に私も知ってたら、もっと気持ちが楽に育児できたかも知れません。

ひだまり助産院のYouTubeチャンネル「ひだまりちゃんねる」では

過去に「疳の虫切」をした時のことを動画にして公開しています。

「疳の虫切」て何なのか?、どんなことをするのか?、住職の人柄も分かります。

興味がある方は、動画をご覧になって下さい。

そして赤ちゃんの泣きに困っている方、助産院にご連絡ください。

私がお答えできることを、お伝えしたします。

それでは、またーーー ( ^^) _U~~