ひだまりブログ

「母乳量を増やしたい」という相談。乳房マッサージで増やすことは可能です!

ひだまり助産院では、色々な相談メニューがあります。


一番多いのが「乳腺炎やしこり」がある事の乳房トラブルの依頼

その次に多いのが「母乳量を増やしたい!」という相談です。


どの母親も、赤ちゃんが生まれたら「母乳で育てたい」と思いますよね。

私もそうでした。


でも、授乳ってなかなか難しい。。。

そして母乳は思った以上に出すのが大変!


ひだまり助産院では、母乳を増やしたいと思っている母親の相談に親身にのっております。


母乳を増やす方法は、インターネットの時代なので、たくさんの情報があると思います。


でもね、

赤ちゃんの生後日数、出生時の週数、体重、
母親の乳房の状態、授乳回数、母乳分泌量

・・・などなど、全く同じ条件の人はいない訳です。


なので、一般論だけでは母乳量を増やすのは難しいし、上手くいきません。


私は母乳を増やしたい母親には、

じっくり話を伺って情報収集をして多方面からアセスメントしています。


そして、母乳が増えるようにしっかり乳頭乳輪を刺激するマッサージを行い

乳房のうっ滞を解消して、母乳の流れる乳腺を開いて、流れを促し整えます。


この様なケアをすることで、母乳分泌量が増える可能性があります。

ただ、これの効果があるのは生後1か月以内です。


しかも早ければ早いんほど効果があります。


実は母乳量はいつまでも増えないのです。

母乳が増えるタイミングは期間限定。


ゴールデンタイムがあって、そのタイミングでマッサージを受けた方がいいです。

そのゴールデンタイムとは産後2週間。


ここを過ぎると、思ったよりも母乳は作られないケースが増えます。

できれば産後退院してからすぐの依頼であれば、ほぼ完全母乳になれるでしょう。

今回も、そんな母乳量を増やしたいという母親の相談依頼を受けました。


ほぼミルク栄養で、母乳はミルクを飲ませる前に吸わせる程度でした。

授乳のやり方もまだ不慣れで、毎回四苦八苦されていました。


きちんと乳頭を吸えていなかったから、

刺激が足りない状態で、母乳分泌がなかなか増えませんでした。


まずはしっかり乳房マッサージを行いました。

そして授乳指導です。赤ちゃんは吸う気マンマンで口を開けてくれています。

母親がまだ不慣れなのでタイミングが合わなくて深く吸えていませんでした。


そこで、授乳が上手くできるコツをお伝えしました。

※このコツは私の秘伝、伝えると皆さんその場でできるようになります。

2回目の診察では、授乳が上手になっていました。

母乳量は、もう少し増えて欲しい所ですが、

1回目のケアよりは母乳量は増えていました。


母乳を飲ませたいという思いがある方だったので

ミルクの前に必ず母乳を飲ませること

ミルクとミルクの間に、赤ちゃんが泣いたら母乳は何回でも飲ませたらいい事を

お伝えしていました。


母乳育児は、諦めないで頑張ると母乳量が増えていく可能性があります。

それも生後2か月、3か月位で完全母乳となる人もいます。


諦めない事も大切ですし、専門の助産師がサポートすることで

心折れずに頑張れると思います。


ひだまり助産院は、母乳や育児を頑張っている母親に寄り添って

サポートいたしています。


ひだまり助産院のYouTubeチャンネル「ひだまりちゃんねる」では

母乳量を増やすためのポイントをお伝えしています。

興味がある方は、是非ご覧になって下さい。

ひだまり助産院では、この母乳量を増やすためのケアは

ゴールデンタイムの2週間を過ぎて行っています。


少しでも母乳量を増やして、ミルク量を減らしたいと考える母親は多いです。

生後1か月位なら、母親の希望があればお受けしておりますので

気になった方は、ご相談下さい。


それでは、また〜〜(^_-)-☆