ひだまりブログ

授乳中の痛みはそのうち治る? 多少の痛さは我慢すればいい? ・・・いえいえ、痛みには理由があります!

授乳中に乳首や乳房に痛みを感じながら、我慢をして母乳育児を続けている人。

痛みは治らないと諦めていませんか?


あるいは、痛みはあるけど、こんなものだと思っていませんか?


乳房トラブルの相談を日々受けていると、

痛みを感じながら、授乳している母親はわりと多いな・・・という印象があります。


乳房が何も問題がない場合には、授乳痛はありません。

実は・・・痛みには理由があります。

その理由というのは「乳腺の流れが悪い」状態です。


痛みがある母親の乳房マッサージをしていると

必ず母乳の流れが悪い乳腺を見つけます。


そして、その乳腺を流れるようにマッサージすると

「そこが痛い場所です!!!」と皆さんおっしゃいます。


このケアを、ひだまり助産院では

「乳腺メンテナンス」と名付けて、相談メニューになっています。

今回、依頼をして頂いた母親は1か月の赤ちゃんを完全母乳で育てています。

産後間もなくから授乳の時に痛みを感じていました。


そして、授乳中の赤ちゃんは「ウンウン」うなったり、

乳首を引っ張ったり・・・・


授乳をしていたら、そのうち治るのかな?

と思いながら、頑張って授乳していました。


でも、痛みが良くならなくて、マッサージを受けたいと思い

色々と助産院を検索して、ひだまり助産院を見つけて下さいました。

マッサージしてすぐに、流れの悪い乳腺が分かりました。

そこを流れるようにマッサージすると、初めは軽い痛みを訴えましたが

流れが良くなると、痛みも消えてしましました。


そうなのです!

授乳の痛みは、母乳の流れが悪い乳腺の流れが良くなると解消します。


とても分かりやすく治ってしまいます。


もし、痛みがあって心地よくない状態で、授乳を頑張っているとしたら

一度、助産師の乳房マッサージを受けてみたらいかがでしょうか?


母乳の流れが良くなると、

赤ちゃんが穏やかに、飲み易そうに母乳を飲みますよ。


それでは、また〜(^_-)-☆