ひだまりブログ

高校生に「命と性の授業」の講演をしてきました。

ひだまり助産院では「産後の母乳育児相談」のほかに

子供たちに向けて「人生が輝く命と性の授業」の出前授業をしています。


私は、あえて「性教育」と呼びません。

なぜなら「性教育」というワードは、とてもイメージが悪いですよね。


「性行為」を教える授業と思っている大人もいます。

でも、全然ちがうのですよーーーー!!!

産婦人科は、喜びの妊娠出産ばかりではありません。

もちろん、命の誕生はとても素晴らしくて、感動するお産にもたくさん立ち会いました。

でも反面、望まない妊娠中絶出産も見てきました。


その両極を見てきたからこそ私は、

「全ての妊娠出産が女性の喜びであってほしい」

と願っています。


思春期になると、異性との関係が深くなります。

その時に「性」の知識があると、望まない妊娠を防ぐことができます。


交通ルールを知ることと同じですね。

事故があってからルールを知るのでは遅いのです。


事故が起こらない為に、ルールを知る必要があります。

タイミング的には中学3年生か高校1年生までに知っておくのがベストだと思います。


今回は札幌の丘珠高等学校1年生に講演会を行ってきました。

内容は、デートDV,、男女交際、望まない妊娠・中絶・出産、性感染症


とても暑い日でしたが、とっても真剣に聞いてくれていました。

今回の講演会では、ひだまり助産院のYouTube動画編集を

担当してくれている会社の社長さんが撮影に来てくれました。


ひだまり助産院では、小中高校生向けに講演会を行っています。

学校のニーズに合わせて、希望の内容を盛り込んだ授業をオーダーメードで作ります。

もちろん、保護者や教職員、養護教諭など、大人に向けての講演も行っています。


いつも、子供たちに会えるのが楽しいです。

それでは、またーー(^_-)-☆