ひだまりブログ

赤ちゃんはいつから笑うの? 赤ちゃんの「虫笑い」は笑っている?

赤ちゃんの「虫笑い」は  

医学的に「新生児微笑」と言います。


その新生児微笑について。。。


生まれて間もない赤ちゃんって笑っているように見えますが・・・・

それは笑っていない。


顔の筋肉が引きって笑ったように見えるだけ!

‥‥という風に言う専門家もいます。


更には、

親に笑顔らしい表情を見せて
「世話をやきたい」と思わせる作戦だ!!!

という専門家もいます。



いくらその道の専門家が言ったとしても

私としては、赤ちゃんがそこまで戦略的に笑っていると思いませんけど。。。


それはさておき、

一般的には赤ちゃんの反射ではない、社会的な微笑というのは

生後2か月以降になると育児書には載っています。

すなわち、赤ちゃんが自発的に心から笑うのが生後2か月だということです。



※それ、本当かしら??

赤ちゃんはいつから笑うのか?笑顔について知っておきたいこと | アカイク


私は仕事柄、たくさんの月齢が低い赤ちゃんに出会いますが・・・

新生児で笑う赤ちゃんは、最近とても多いと感じています。


私に笑いかけてくれる表情を見ると

心から「笑っている」表情を見せる赤ちゃんが結構います。


何で分かるか?というと

「目」を見たら分かります。

「目」が明らかに笑っているのです!

「目」から笑いのエネルギー? 感情?

みたいなのが伝わってくるのです。


「目は心の窓」と言って、目から感情を読み取れると言われますが

本当だな~〜と思います。


母親に「虫笑いではなく、心から笑っていますよーー」と伝えると

「今は笑う時期ではないので、虫笑いだと思っていました」と言われる人がほとんど。


「まだ、笑うはずがない」と思ってみていると、そう見えてしまいます。


でも「心から笑っている!」と思ってみていると

甘ちゃんの笑顔の見え方が変わると思います。


何でも思い込まないで、大きな視野で観察してみると

今まで気付かなかったことが見えてくると思います。


そんな広い視野を持てるように

私も毎日を過ごそうと思っています。


それでは、また〜〜(^_-)-☆