ひだまりブログ

救命救急士の学生へ「産婦人科疾患」講義。久しぶりのリアル授業をしました!

私は日頃の母乳育児相談の他に、非常勤や嘱託の仕事を色々としています。


● 小中高校の学校に出向いての「人生が輝く命と性の授業」

● 新生児母子訪問指導員

● 看護学校、保育士養成学校、救命救急士学校での講師

・・・などです。


専門職の人たちは、後進育成にも力を入れていて、活動されている人が多いですね。

そんな私も、学生指導は大好きで、何でも教えてあげたくなります。


もう、かれこれ5年が経ちました。

救急救命士の学生たちに、講義や演習を担当しております。


昨年からはコロナがあって、オンラインでの授業でした。


今回は、学内演習が出来ることになったので

学内演習で実際に行う技術を伝える為に学校にお願いして

リアルでの講義をさせてもらいました。

私は、救命救急学生の2年生に産婦人科疾患を教えています。


講義の最後の授業では、

分娩介助技術・新生児処置・新生児蘇生法の演習を行います。

この内容は、看護学生では学ばない内容です。


私も救命救急士の学生と関わらなければ、

救急隊員が分娩介助を学んでいるということを知りませんでした。

オンラインでは、生徒の顔も見えないし、反応も全然分かりません。

1人芝居をしているような寂しさがありました。


でも、リアルに授業をすると、生徒の反応も見られるし

直接伝えられるので、教えやすいと思いました。


やっぱり授業はリアルが良いですねーー。

生徒も画面越しの授業よりも、リアルが良いと言っていました。


この授業の翌週に学内演習があります。

サポートの先生4人と一緒に、現場で役にたつ演習の指導を行います。


いつも、楽しく授業をしています。


それでは、また〜〜(^_-)-☆