ひだまりブログ

おっぱいの大きさが左右で違う!母乳量も左右差がある!これって大丈夫?元にもどる?

母乳育児の相談を沢山うけていると・・・・

おっぱいの大きさに左右差がある人がいます。

割合的にもけっして少なくないです。


おっぱいの左右差について調べても、ネットや育児書にはほとんど情報がのっていません。

だからこそ悩む母親が多いです。


左右差が出来る原因としては

1,乳頭・乳輪の大きさ・形が左右で違う

2,乳管開通が左右で違う

3.赤ちゃんが吸いやすいおっぱいだけを欲しがる

4,乳房トラブルがあった

・・・・などなど。


まだ他にもあるかも知れません。

左右差が出る理由は、赤ちゃんとオッパイの組み合わせの数だけあるのでね。


結論から言うと、おっぱいの左右差を無くすのはかなり困難です。

厳密には時期によりますが。。。。


産後間もなくであれば、左右差が出ないように授乳を工夫すれば修正は可能ではあります。

しかし、産後数カ月経過していたら、今回の授乳期においては望は薄いですね・・・


おっぱいの左右差を作らないためには、産後間もなくからがとても重要。

なので、両方の乳房から同じように授乳するということを意識しましょう。


左右差が出てしまった場合は、卒乳後の乳房の大きさも左右差が残ったままになります。

美容の観点からも、出来れば左右均等に授乳したいですよね。

もし、次もお子さんを希望される場合は、両方から飲ませるようにしてみましょう。


おっぱいの左右差については動画で詳しく説明しています。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは、また〜(^_-)-☆